きものを着る準備 of ひろしまきもの遊び

きものコラム

きものを着てみませんか

きものを着る心準備

きものはお茶会や結婚式で着るもの・・・というイメージが強いようですが、もっと身近に楽しめます。
「え~。でもきものって高いし、お手入れも大変じゃないの?」って今思いました??

確かにフォーマルなお席でのきものは“礼装”になりますので、格式のある装いとなりそれなりのお値段に・・・。
でも、それは洋服も同じ。
結婚式やパーティ席のスーツやドレスは“よそ行き”ですから普段着とは異なります。
“普段きもの”とは日常の生活の中で楽しめるファッションなのです。

では、どこで調達すれば良いのでしょう。
一般的には呉服屋さんでしょうか。
通常は反物(たんもの)から自分サイズに仕立てますので着心地は抜群ですが、お値段も抜群です。
もっと気軽に揃えるならリサイクルショップはいかが?
掘り出し物に出会うと、5千円以内できものと帯を揃えることもできます。
骨董市やフリーマーケットを覗くのも良いでしょう。
また、最近は化繊でできた洗えるきものもあります。
家の洗濯機でじゃぶじゃぶ洗えるので、気軽に愛用しているきもの好きさんも多いです。
専門の反物屋さんや既製品を取り扱っている専門店にあります。
さらにネットショップも充実していますし、オークションを利用する方法もあります。

きものを購入する時はサイズに気をつけてください。
手にとれるなら、店員さんに断って羽織らせてもらいましょう。
特に身丈(みたけ:自分の身長分あるかどうか)と裄(ゆき:首の根元~手首までの長さ)が丁度良いかしっかりチェックです。
ネットなどで羽織ることができない場合は、記載されている情報をちゃんと確認しましょう。
また、きものはTPOにあわせて種類が格付けされています。
帯もしかり。
それらの「格」を知って、さらに楽しい着物ライフを一緒に送りましょう。

◎着物を着るのに必要なもの一式
最初に全部を揃えるのは大変ですが、一度揃えてしまえば、次は手持ちの着物にあわせて帯を調達、今度はその帯に合わせてきものを。
さらにその他の和小物を揃えていくと、気づけばいろんなコーディネートが楽しめるほどにっ!

肌着/長襦袢/着物/半衿/帯/帯板/帯枕/帯締め/帯揚げ/足袋/伊達締め/腰紐

帯コーデ.jpg着物1枚に帯3本とよく言われます