きものの格について of ひろしまきもの遊び

きものコラム

きものの格について

きものの格は大きく分けて「礼装」と「普段着」

きものは着ていく場所や目的によってその種類が分類されています。
洋服でいうとフォーマルなドレスをはじめ、スーツやジーンズなど幅広く着こなしていることを想像していただくと、分かりやすいでしょうか。(^.^)

細かい説明は省略しますが、分類は大きく分けて「礼装」と「普段着」の2つ。
礼装には、振袖(未婚女性)、黒留袖、色留袖、訪問着、付け下げ、色無地(いろむじ)という種類があります。
この中でも略礼装とされている色留袖、訪問着、付け下げはお茶会や披露宴、記念パーティなどに。
色無地は紋(もん)の数や帯によって略礼装にもなり、カジュアルなきものとしても活躍します。

そして、普段きものとして楽しむ小紋(こもん)や紬(つむぎ)があります。
小紋とは白生地全体に模様を染めたもので、普段着としてだけでなく、
模様や大きさによってはフォーマルなきものとしても活躍するスグレきものです。
紬は織りのきもので、洒落袋帯やパールなどの帯留を使っておめかし度をアップさせることで普段きものが洒落着になります。
ホテルでの食事会や観劇など、普段よりちょっぴりお洒落をしたい時にも着られるのが小紋や紬です。
最もカジュアルなきものは木綿やウールなどで、普段きものの王道と言えるでしょう。

また、きものは季節ごとに仕立や素材が異なります。
と言っても難しい決まりごとはありません。
涼しくなったら温かい素材を身にまとい、暑くなったら涼しい素材を身にまとう、ただそれだけのことです。
プライベートで楽しむなら洋服と同じ感覚で、天候にあわせて選ぶと良いでしょう。

きものには袷(あわせ)、単衣(ひとえ)、薄物の3つのシーズンがあります。
袷とは透けない生地に胴裏(どううら)と八掛(はっかけ)をつけて仕立たもので、10月~翌年5月に。
単衣は裏地をつけないで1枚で仕立てたもので、季節は6月・9月。
そして、7月・8月の盛夏には透ける素材で仕立てた薄物や浴衣が大活躍!

きものの下に着る長襦袢にも着頃というものがあり、10月~4月は袷襦袢、5~6月、9月は単衣、7月・8月は薄物とされています。
帯も季節に合わせて仕立が異なります。

気温に合わせて、TPOを考えながらきものライフを楽しみましょう。

【コーディネート次第で同じきものでフォーマルにもカジュアルにも】
カジュアル.jpgカジュアルに
フォーマル.jpg伊達衿と錦糸帯でフォーマルに