きものの季節について of ひろしまきもの遊び

きものコラム

きものの季節は3シーズン

袷(あわせ)・単衣(ひとえ)・薄物(うすもの)


きものには袷、単衣、薄物の3つのシーズンがあります。

難しい決まりごとはなくて、涼しくなったら温かい素材を身にまとい、
暑くなったら涼しい素材を身にまとう、ただそれだけのこと。

なので衣替えのタイミングも洋服と同じで、6月1日と10月1日を目安にします。
プライベートで楽しむなら天候にあわせて選べばOK!


きものの種類について、簡単に説明しますね。

透けない生地に裏地をつけて仕立たもの(2枚あわせになっています)
季節:10月~翌年5月ごろ

単衣

裏地をつけないで1枚で仕立てたもの
季節:6月、9月の季節の境目に体温調節しながら着ます

薄物

絽・紗・麻・羅など透ける素材で仕立てたもの
季節:7月、8月の盛夏に


季節に合わせて着分けるのはきものだけではないんですよ。
きものの下に着る長襦袢にも着頃というものがあります。

10月~4月  袷襦袢
5~6月、9月 単衣
7月~8月   薄物

実は、帯にも季節があるんです!!

10月~5月 裏地のついた冬帯(袷帯)
6月・9月  裏地のない単衣帯
7月~8月  透ける素材の夏帯

単衣帯は、季節が限定される柄が入っていなければ
基本的に通年で普段着にあわせられますのでとっても重宝します。

袷きもののオシャレに欠かせないのが“八掛”なんですが、
要するにきものの裏地ですね。

例えば、袖口やすそ周りからちょこっと見える部分で、けっこう存在感は大きく、
八掛にこだわる上級者さんも多いです。

一般的には無地色ですが、なかには、水玉やイチゴなどの柄八掛もあります!
歩くたびにチラチラと見える八掛ではんなりと。

余談ですが・・・

八掛けは、おくみ、前身頃、後身頃、衿先に左右二枚ずつ合計八枚に裁ったことから付けられた名称で、「八」という数字は風水では縁起が良いと言われているそうで・・・

極論から言うと、きものは縁起の良い・幸せを運んでくれるもの。。。なんだそうですよ♪