「ハレ」と「ケ」 of ひろしまきもの遊び

きものコラム

「ハレ」と「ケ」

お正月に向けて…

一年で一番きもの姿を見かけるお正月。
日頃から「ちょっときものを着てみたいな」、「きもので出かけると目立って恥ずかしい」
と思っている人こそ、お正月がいい機会です。
きものを着て初詣にでかけませんか。

でも、いったい初詣に何を着ていけばいいの?と悩んでしまうあなた…。

「ハレ」と「ケ」という表現、耳にされることも多いと思いますが。。。

ハレは「晴れ」で、晴れがましいことや正式であることを意味し、
儀礼や祭などの非日常(フォーマル)を表します。
対して、ケは、ふだんの生活である日常(カジュアル)を表しています。

日本では、こういう非日常と日常を分けて考える傾向が強いわけですが、
難しく考えることはありません。
きもので言うと、格にあわせた装いをする、つまり「TPOに合わせる」ということが、
結果的に「晴れと褻を分ける」ことになっています。

これから迎えるお正月は「ハレ」の日として特別な日ですので、
華やかな装いをする人が増えます。
「褻」の日は普段きものの小紋や紬、木綿きものなどを気軽に楽しむと良いでしょう。

一般的に「ハレ」の日の装いは、振袖や留袖、訪問着、付け下げ、色無地などになりますが、
小紋きものも模様や装いによっては略礼装として着用できるので出番が増えてきます。

同じ小紋きものでも、半衿や合わせる帯を変えれば、
お洒落着用にも、略礼装にもなります☆


「ハレ」のお正月ですが家族や気心しれた友人とお参りするなら
小紋や紬など着心地のよい普段着きものでOKです。

去年は、ウールのきもののアンサンブルを着られている方を多く見かけました。
アンサンブルだと帯が少々崩れてても気にならないし、身軽です。
それに、ウールきものは家で洗濯できますので、汚れることに神経質にならなくても。
ウールのきものを家庭で洗濯するときは、最初から最後まで「ぬるめのお湯」を使うと、
生地の縮みや、洗った後に生地がボソボソするのを防ぐことができます。

改まったお年始の挨拶には、
「ハレ」を意識して、訪問着や附け下げ、色無地でしょうか。


お正月きものの楽しみ方といえば
やっぱり、その年の干支をどこかに忍ばせること!
干支のモチーフをつけてみるのも良いし、
色合いで干支に見立てるのも洒落ているかも。

竹や梅など縁起物の柄を上手に取り込んで、演出するケースもいいですよね。
色もやっぱり明るめのものが華やかで良いかな・・・。
刺繍半襟も豪華になりますのでオススメです。