主宰者プロフィール of ひろしまきもの遊び

主宰者プロフィール

主宰者プロフィール

きものとの出会い

こんにちは!ひろしまきもの遊びを運営している澤井律子です。

20years02.jpg本業は2001年に個人開業届を提出して以来、自宅でWebプロデューサー業をやっています。主に企業様のWebサイト制作をお手伝いさせていただいています。

私がきものを初めて着たのは確か成人式の時だったと思います。
(七五三・・・のことは覚えていません。^^;) 
振袖を着て、頭もそれなりにセットしてもらいましたが、
タクシーで移動するのもしんどくて、帯はぎゅぅ~って締められて苦しくて、
一緒にいたお友達は気分が悪くなるし・・・
「きものって窮屈」という印象を持っていました。
当然、あれからしばらく、きものとは無縁の生活を送っていました。

日本への関心度も低く、高校1年の時に体験したホームステイがきっかけで、
英語圏への憧れが強かった学生時代。
OL時代はよく海外旅行に出かけてました。
将来は海外で暮らしたい!という願望が強くなり、フリーになってからは、
年に一度、約1ヶ月間の海外生活を体験しながら将来の居住地を探していました。
ちなみに、一番のお気に入りはオーストラリア。(^.^)

そんな外国かぶれの私がきものとあらためて向き合ったのは2004年の8月。
「海外に住むことになったら現地の人に“日本”についていろいろ聞かれるかも・・・」と思った私は、
“日本文化=きもの”という単純な発想が浮かび、
そう思った日の新聞に掲載されていた「無料着付け教室」の連絡先に電話してました。(笑)

今思えば、そうした学校に行かないと日本の民族衣装であるきものが着れない・・・
というのは本当は悲しい現実なんですよね。。。


着ないと手順を忘れちゃいそうでしたので、最初のうちは練習をかねて、
自宅できものを着ていました。
そのうち、だんだんきものを着ているときの気の引き締まりが心地よくなり、
すすんできものを着るようになっていました。

海外逃亡の願望が強かった私ですが根は日本人なんでしょうか。(笑)

きものでの外出

profile_newyear.jpgひとりできものを着付けて、お出かけしたのは2005年のお正月。
インターネットで購入したプレタのきものに母からもらった帯を締めて、
取引先さんにご挨拶。
ちょっぴり照れくさかったですが、「きれいね~」と言っていただき、
味をしめちゃいました。アハハ。

きものを着てるとジロジロ見られることも多いですが、案外、それって気持ちいいもんですよ。

市内へのショッピングやお友達との食事にはほとんどきものでお出かけしています。
興味のあるセミナーにもきもので行きますね。ビックリされますが・・・。
最近はWeb制作の打ち合わせにも時々きもので行ったりしています。
美術館にも行きますし、吉本新喜劇もきもので見に行きました。(^.^)

「きもの着たいけど着て行く場所がない・・・」ってよく聞きますが、
着ていく場所ならそこらへんにいっぱい!どこだっていんですよ~!

一人だと恥ずかしい? そんなあなたには私がお供いたします。(笑)

私の想う「きものを着るということ」

実際に着てみないと・・・分からないかもしれない、その心地よさ。(^.^) 
きものを着るということは“心の豊かさ”にも繋がってきます。
今でも印象に残っているきもの仲間の言葉。

「オニューの下着をつけて外出するような気分♪」

うきうきした気持ちでいると、他人にも優しくなれます。
たとえ順番を抜かされたとしても、「ま、いっか」と許せちゃうくらい。(笑) 
極端な話になりましたが、きものを着ていると心が大きくなり、
自分にも、そして他人にも優しくなれるものなのです。

もちろん、“心の豊かさ”とはそれだけではありません。
四季の移り変わりとリンクしている和の世界。
季節の草花や食べ物への関心も高まり、日々の暮らしの中で、自然と向き合う時間も増えます。
延長線上にはお茶やお能などの和文化も並んでて、
和心も満たされていきます。
行動にも変化があらわれます。

例えば、きものでスーパーに買い物に行って、ビニール袋に入れて帰る・・・
ということに違和感を覚えるわけです。
最終的には風呂敷の出番。

人に優しく、自分に優しく、そして地球にも優しいきもの

広島にはきもので行くと割引やオマケサービスをしてくれるお店もあります。
きもので出かける楽しみも増えますね。
きもの人口が増えれば、サービス店も増えるのかな?

でも、ただ着ればいいというわけではありません。
“着くずしている”のと“着崩れている”のとは違います。
きれいに着ていると自分もまわりも気持ち良いものです。

また、「格をあわせて」とよく耳にしますが、TPOに考えれば難しくありません。
洋服で言うならばお洒落なレストランに
カジュアルジーパンにスニーカーというスタイルでは行きませんよね。
きものなら、木綿きもの+下駄という装いをしなければいいだけのこと。

難しくとらえなくても大丈夫です。

さあ。
皆さんのファッションのひとつに「きもの」という選択肢を増やしていってみませんか(^^)v

日本文化を海外に伝える!

026.jpg私にとって、きものという日本文化と、外国文化は切り離せないものになっています。
あらためてきものと向き合うきっかけとなった海外移住計画。
いつか実現させたいと思っていますが、今、できることは、ここ広島で、「きもの」をキーワードに、年齢・性別・国籍を問わず、日本の伝統文化でもあるきものの知識や着こなしを知り、楽しみ方を広めていくことかなぁと感じています。

慣れてきたら、そのノウハウを持って、海外に出張講座しつつ、
住みやすい国を探していきたいです。。。